会誌原稿掲載ガイドライン

印刷用データ(PDF)

2021年5月12日

黒澤明研究会会員各位

会誌原稿掲載ガイドライン

代表   安田  勤
委員(会誌)  野口 和夫

これまで会員より会員以外の原稿の会誌掲載への申し出が度々ありましたが、その可否については、はっきりとした結論が出ておりませんでした。
この度、運営委員会であらためて原稿掲載についての協議を行い、以下のようなガイドラインを設け、会員以外の原稿の掲載も推し進めることとなりました。

【掲載可】

1) 会員の原稿。
2) 会員の推薦する知人・友人が執筆した黒澤関連未発表論文等。ただし、運営委員により検討し掲載を判断する。原稿は20頁以内とする。
3)黒澤明研究会が協力する催し物等に関係者に、当該催し物に関する黒澤関連未発表論文。ただし、会員の推薦(依頼)及び運営委員の承認が必要。(下記例1を参照)
4) 黒澤明研究会でゲストとして招聘した方の、黒澤明研究会誌向けの文章。(下記例2を参照)
5) 黒澤関係のスタッフ及び出演者の特集号や追悼号における、そのご家族の寄稿文。(下記例3を参照)
6) 会員への追悼文。会員が亡くなった時、ご家族からの寄稿文。ただし、運営委員により検討し掲載を判断する。

(例1)==鎌倉市川喜多映画記念館で、黒澤明特集が行われ、黒研は協力の依頼を受けて、黒研は展示パネルを作成し展示した。川喜多記念館の職員から、その関連の文章を提出いただいた場合。
(例2)==会でお呼びしたゲスト(スタッフや出演者)に、特別記事として、黒研向けに文章を書いて頂くなど。
(例3)==スタッフが亡くなり、その追悼号に、ご家族(奥様)から文章を寄稿して頂く。(ただし、ふさわしい内容の場合)

【掲載不可】

1)HP等に既出の会員以外による黒澤関連記事。
2)書籍、雑誌に掲載された会員以外の黒澤関連著作物。

2021年5月5日、運営委員(安田、槙田、富田、西村、野口)にて作成。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です